FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by 蛍乃煌夜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラリア トレーニング(詳細)

Posted by 蛍乃煌夜 on 23.2011 呟き:エチオピア(Jun 2011 - Jul 2011)   0 comments   0 trackback
昨日のマラリアトレーニングについて詳細な補足をば。

マラリアは西アフリカで特に年中蔓延している病気ですが、エチオピア全土は比較的標高が高いため、マラリアが蔓延している地域とそうでない地域とに分かれます。

周期的にマラリアが発生する地域
@標高2000-2500m 異常な天候が続いた年(例:気温の上昇)
@標高1500m以下 異常な降雨・洪水があった年

例えば首都のアディスアベバ(標高2300m)ではマラリアの心配はほとんどありません。一方、以下の地域はマラリア危険地域に指定されています。

毎年乾季(雨季が終わった直後)にマラリアの伝染が広がる地域
@標高1500-2000m

世界で最も貧しい国の一つと言われるエチオピアでは、国際的なマラリア撲滅機関とエチオピア政府の厚生省(MOH)が協力してエチオピア国内におけるマラリア撲滅にむけて活動をしています。エチオピアは80%の国民が農村地に住んでいるので、インフラが全然なってません。各農村地に設置された小さなクリニックをいかに充実させ、マラリア患者の早期発見・治療をするかがキーとなります。

今回私が見学させてもらったマラリア・トレーニングはMOHとMalaria Consortium の協力によって毎年1ヶ月間開催されているもので、全国各地の小さなクリニックから看護士やヘルスセンターの職員約50人が参加しています。参加者にマラリアについての正しい知識・予防・治療法・マラリア発生のモニタリングを指導するというイベントであり、指導を行うSpeaker (講演者)は様々なアカデミア及び国際機関から招致されています。

malaria training

こんな感じの仕組みです。私が見学したトレーニングはエチオピア国内でも一番評判がよいと呼ばれるマラリアセンター@Adama(標高1500m、アディスから車で2時間)で行われていました。参加者は全国から集まった48人、講演者はMACEPAというマラリア研究国際機関の代表者とMalaria Consortium の代表者でした。メインテーマは「マラリアのアウトブレイク(大量発生)をどうやって早期発見するか&その重要性」でした。チャートを使っての日々のマラリア患者モニタリングの仕方、データの処理方法などが詳しく説明され、スライドは全て英語ですが講義自体はアムハラ語で行われました。みなさん本当に熱心で質問がとても多く、各スライドごとに20分も費やされるという盛況っぷり。

マラリアを媒介するベクターである蚊の培養所も見学してきました。蚊の卵、幼虫、蛹、成虫各段階に分かれて培養されており、研究所のすぐ隣。幼虫のエサは水に溶かしたイースト菌ですが、成虫のエサはウサギの生き血です。腹の毛を剃ったウサギを成虫のケージに2-3時間横たえ、血を与えるんだそうです。蚊って血だけが皿に入れてあっても吸わないんだってさ!皮膚(膜)を通さないと吸血行為が行えないそうで…。

ちなみに、マラリアセンター内部のクリニックには朝から順番待ちの患者さんの列ができていました。ここではマラリアの診断や治療を無料で受けることができ、評判を聞いた貧しい人々が歩いて通っているそうです。

後日また書く機会があったときに言及したいと思いますが、残念ながらマラリアのワクチンはいまだ存在しません。あるのは予防薬のみで、これは旅行者向けです。

今日は癌センターの見学に行ってきました!詳しくはまた後日☆


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hotarunokoya.blog92.fc2.com/tb.php/88-c7f320d3

Twitter

プロフィール

蛍乃煌夜

Author:蛍乃煌夜
高校卒業までは普通に日本の公立の学校に通う。高校の時、1年間アメリカで交換留学をしたことをきっかけに、アメリカの大学を受験し入学。大学を卒業後は3年間アメリカで社会人として生活。その間、アメリカの医学部(メディカルスクール)を受験し無事合格。2010年8月より医学生生活スタート。

 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

▲よろしければクリックをお願いします▲

メールフォーム

ご質問、ご意見等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※返信希望者には概ね1ヶ月程でお返事しています。管理人のスケジュールによっては2ヶ月ほどお待たせすることもございます。お急ぎでお返事をご希望の場合はその旨をお書き添えください。

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。