FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by 蛍乃煌夜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Immunology! 免疫学

Posted by 蛍乃煌夜 on 15.2010 呟き:医学部1年(Aug 2010 - Jun 2011)   0 comments   0 trackback
9月半ばに遺伝学の授業が終了したので、今は免疫学をやっています。1ヶ月ですべて詰め込むというとっても濃い授業の毎日w 覚えなければいけない内容が多すぎて頭がパンクしそうだけど、面白いからそこまで苦にならないってのが唯一の救いかな…。でも毎日ありえない情報量がww将来的に免疫学の専門医-特に伝染病-を目指しているので、これはぜひとも良き成績を収めたいところです。まぁ専門なんてものは、実際に3-4年になってローテーション(病院実習・ポリクリ)を初めてみないことにはわからないんですけどね。でも今のところ興味がある専門医は 1.Infectious Disease Doctor / Immunologist 2.Emergency Medicine Doctor ですー(^▽^)v 

免疫学はG教授がメインで教えてくれるんですが、内容によっては別の教授が教えてくれます。どの教授も大当たり!凄いわぁ…。ちなみに、どんなコースでも期末試験のあとに生徒は Course Evaluation(コース評価)の提出を義務付けられています(オンライン・提出しないと成績がもらえないしくみ)。もちろん匿名。授業に対する感想、満足度、希望、提案、問題点などなど、なんでも指摘できます。提案、希望などは次の年に結構反映されているみたい。授業は年々進化する!って教授が言っているのも頷けます。もちろん、評価が悪い教授は将来教鞭を取れなくなる可能性があるので、そういう意味でもプレッシャーですね。

使っている教科書は Janeway's Immunobiology と Rosen's Case studies in Immunobiologyです。他にも、Patient Oriented Problem Solving という、臨床データを使用して各自グループディスカッションしながら勉強できる問題集もあります。

で、そのメインに教えてくれるG教授がすっごいカリスマだったりします。G教授の十八番は、免疫のいろんな説明をアナロジーを用いて教えることです。ユダヤ人の教授なんでユダヤジョークがやたら多いんですが、それ以上にアメリカンジョークが満載でしてね。日本育ちの私には…(゜д゜)??なジョークがたまに混ざってて残念ですが、いつでも教室は大爆笑です。シラバスにもアメリカンジョークが一杯という徹底っぷり。

たとえば。今日の授業はHIVメカニズムについてでした。で、ちょっと専門的になっちゃうんですが、
Rev Protein is required for transport of unspliced HIV-1 structural RNAs っていうのに使われた例がこんなん↓

「人気のバーに入れる人間は限られてます。なにせ、ステロイド使用のムキムキドアマンがバーの入り口で人選してますからね。イケメンしか入れないのです。そこで質問。ブラピの場合、彼はバーに入れるでしょうか?はい、もちろん入れます!なぜなら彼はイケメンだから!しかしビル・ゲイツの場合はどうか。残念!入れません。彼はイケメンじゃないからです。ガリ勉タイプの彼がバーに入りたい場合、どうしたらいいでしょう?彼は頭がいいので考えます。そしてビヨンセを連れてきます。ビヨンセと一緒の彼はバーには入れますか?もちろん入れます!!ビヨンセの存在によりビルゲイツはイケメンに見え、ドアマンはかれをバーに入れてくれるのです!HIVもこれと一緒!

まじですかww( ̄▽ ̄)!! 

要するに、ブラピ=Spliced RNA of HIV-1、ビヨンセ=Rev protein、ビル・ゲイツ=Unspliced HIV-1 structural RNA みたいです(笑)

シラバスに載ってた CD8+ T cell(細胞傷害性T細胞) はジャック・バウアーを用いて書かれてました(読みながらすっごい吹きました)。でも MAPK Signaling Pathway のアナロジーはユダヤジョークだったので全然わかりませんでした!残念w しかし、G教授のアナロジーは強烈でまじウケてしまうので、気が付けば複雑なImmunologyのメカニズムを覚えているという不思議。

今月末に免疫学と組織学の期末試験があるので、勉強もりもりがんばります。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hotarunokoya.blog92.fc2.com/tb.php/34-36f5771f

Twitter

プロフィール

蛍乃煌夜

Author:蛍乃煌夜
高校卒業までは普通に日本の公立の学校に通う。高校の時、1年間アメリカで交換留学をしたことをきっかけに、アメリカの大学を受験し入学。大学を卒業後は3年間アメリカで社会人として生活。その間、アメリカの医学部(メディカルスクール)を受験し無事合格。2010年8月より医学生生活スタート。

 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

▲よろしければクリックをお願いします▲

メールフォーム

ご質問、ご意見等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※返信希望者には概ね1ヶ月程でお返事しています。管理人のスケジュールによっては2ヶ月ほどお待たせすることもございます。お急ぎでお返事をご希望の場合はその旨をお書き添えください。

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。