FC2ブログ
Loading…

スポンサーサイト

Posted by 蛍乃煌夜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリエンテーション2&3日目

Posted by 蛍乃煌夜 on 20.2010 呟き:医学部1年(Aug 2010 - Jun 2011)   0 comments   0 trackback
オリエンテーション2日目と3日目は似たような内容でしたので、まとめてお届けします。順不同。思いつく順にアクティビティー内容を書いてみました。


1.ケーススタディ& Professional Identity Workshop

1日目の10人グループでディスカッションを重ねました。ケーススタディとして取り扱われた内容は二つ。

●医学生ケイトが男性患者の問診をしているとき、彼が過去に複数の男性とプロテクションなしに性行為を重ねていたという事実を知り、顔に思わず嫌悪感を出してしまった。結果、患者は問診の取りやめを要求。医学生は監督医師に別の患者にしてほしい、と希望をだした。
 ⇒医学生の行動についてどう思うか。どうすべきだったか。患者が感じたことは。

●医学生キムが初めて会った患者は、問診のとき突然泣き出してしまった。その患者は自分が乳癌を患っていることに気づいたが、最近まで健康保険を持っておらず、数年間医者に掛かっていなかった。
 ⇒医学生はどう感じたか?どうしたらよいか?

意見交換をし分析を重ねながら、「医師として必要なものはなにか?」について議論しました。中にはちょっと変わった観点や「なるほど…」と思わせる見方もでてきて面白かったです。こういうテーマってシンプルそうに見えて、実は結構難しいような。


2.プレゼンテーション

メディカルスクールに必要な情報いろいろ。

●教育ローンの返済プランについて
 ⇒超重要ですね…。どうやって返済したらいいか。どういう風にローンを選ぶべきか。どのくらい借りてもいいか。ローンの種類、利子、返済プラン etc etc... について専門家から説明を受けました。ハァ、頭が痛くなる内容ですwでも最後に言われたことは、「大丈夫。医者になればちゃんと全部返済できますから!」…がんばります!

●Honor Code / Plagiarism について
 ⇒これにピッタリ該当する日本語が見つからないのですが、なんて訳せばいいのかなぁ。要するに、「ズルするな」っていうことです。大学時代、試験でカンニングして退学になった人を1人、レポートをコピーしてばれて学部から除外された人を2人知ってますが、アメリカではこういう事に対する処分は日本より厳しいと思います。医療過失を隠蔽したり、製薬会社から賄賂を受け取ったりする医師は、医学生時代にずるしていた人間である確立が高い、という結果が統計で出ているとか。ズルするななんて当然といえば当然ですが、守れない人がいるのも事実(特にプレッシャーがもの凄い場合)。モラルに関することでもあるので、メディカルスクールではさらに厳しくいくそうです。

●勉強方法&サポートシステムについて
 ⇒大学時代に通用した勉強方法は通用しない!ということについて散々いわれました。挙句、今まで一度も試験に失敗したことのない人たちのなかから、試験に落ちる人がでてくるから覚悟しなさい、と脅されました…。ハァΣ( ̄ε ̄;|||・・・ その後、効率よく大量の情報を吸収するにはどうしたらいいか、試験で失敗した場合の対処方法など、詳しく説明を受けました。希望者には上級生のチューターを無料で付けてくれるシステムが存在するそうです。また、ストレスを感じすぎてパニックになったり、欝になった場合のヘルプセンターもあるってね、さすが。医師の自殺率は平均より高いので、医学生の時代からそれを防ぐシステムを作っているのよwとか笑顔でいわれましたが…はっはっはこれは笑っていいものなのか (o ̄∇ ̄)o

3.パーティw

アメリカ人はパーティが大好きなので、お決まり!親睦会という名のパーティです。
クラスメイトと仲良くなるチャンス!!が、名前がなかなか覚えられません…。同じ人に名前を4回くらい聞いて初めて覚えられる、見たいな?|||||/(=ω=。)\ 変わった名前だと逆にインパクトがあって覚えちゃうんですけどね。定番すぎるとぜんぜんダメですw


お次は初☆授業についてです!
Histology ~組織学 からスタートしました。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hotarunokoya.blog92.fc2.com/tb.php/21-062b1d50

Twitter

プロフィール

蛍乃煌夜

Author:蛍乃煌夜
高校卒業までは普通に日本の公立の学校に通う。高校の時、1年間アメリカで交換留学をしたことをきっかけに、アメリカの大学を受験し入学。大学を卒業後は3年間アメリカで社会人として生活。その間、アメリカの医学部(メディカルスクール)を受験し無事合格。2010年8月より医学生生活スタート。

 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

▲よろしければクリックをお願いします▲

メールフォーム

ご質問、ご意見等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※返信希望者には概ね1ヶ月程でお返事しています。管理人のスケジュールによっては2ヶ月ほどお待たせすることもございます。お急ぎでお返事をご希望の場合はその旨をお書き添えください。

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。