Loading…

スポンサーサイト

Posted by 蛍乃煌夜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.教育ローンの申請

Posted by 蛍乃煌夜 on 11.2010 入学までの手続きetc   5 comments   0 trackback
学費が高いと有名なアメリカですが、医学部にはいくらくらい必要で、どうやって資金を調達すればいいのか?合格したみなさん、どうやっているの?

…誰もが疑問に思うことだと思います。


■教育ローンの申請

アメリカのメディカルスクールの学費は、私立で日本円にして年間約400-450万円くらいです。それにプラスして生活費・テキスト代・国家試験費用(約150-200万円)が追加されますので、年間550~640万円ほど必要になる計算になります(アメリカの公立医学部はほとんど外国人に門戸を開いていないので、ここでは省略させていただきますね)。となると、日本の国公立医学部よりはるかに高いけれど、寄付金がいらない分日本の私立医学部よりは安いことになります。しかし高い!大学(undergraduate) と違い、メディカルスクールは奨学金(Grant 返済義務なし)がほとんどありません(Law School 法学部にもありません)。あるとしても、10万~80万円程度しかもらえないことがほとんどです。全学費にはとても及びません。全てをポンと払える家庭はごくわずかです。一部もしくは大部分を払えたとしても、残りをどうするのか。そこで、教育ローン(Student Loan)の登場です。

Student Loan にはいくつか種類があります。主に、連邦政府が非常に好条件で貸し出してくれる Federal Loan(数種類あります)、学校側が貸し出してくれる School Loan, そして、一般の銀行が貸し出してくれる Private Loan などがあります。Federal Loan は米国籍か米国永住権を持つ者にしか貸し出されません(ほとんどの医学生はこのローンを利用します)。よって、外国人の利用はおのずと School loan, Private Loan に限定されてきます。

School Loan は大抵、家庭の収入によってローンを組ませてくれるか決定します。外国人の利用は発展途上国出身者(アフリカなど)以外はなかなか認められません。認められても全額ではなく、一部のことが多いようです。よって、Private Loan で残りもしくは全額を借り入れることになります。

Private Loan には、medical school に特化したStudent Loanが存在します。一部の銀行に限り、米国籍・永住権を持つ者の連帯保証人と共にローンを組ませてくれます。担保もなしに、結構簡単にポンと貸してくれるのです(返済はもちろん大変ですが…(´ヘ`;)。なぜか。アメリカの医学部は入学が至難の業であるのと引き換えに、一旦入った後は脱落率が大変低いのです。つまり、将来の高収入を約束された医者の卵が借り入れ主なので、銀行側にとっては返済を確実にしてくれる顧客に当たるからです。Citi Bank, WellsFargo などの大手銀行から、現在はローンを組むことができます。

ローンの流れとしては、

1.外国人の本人が銀行に申請する。
2.銀行側が申請書を(仮)受理する。
3.米国籍・永住権を持つ連帯保証人と共に、契約書にサインする
4.銀行側が学校側にローン内容と申請者の学生確認をする。
5.学校側が銀行側にローン受理の嘆願をする
6.銀行側がローンを正式に受理する
7.借り入れたローンが学費として、銀行から直接学校に払い込まれる

返済義務は、医学部卒業から半年後に発生します。つまり、入学してから4年半後、研修医となって収入がある時期になってから返済を開始します。

返済…Σ( ̄ε ̄;|||・・・ 


2010年現在、グリーンカードを持たない外国人の医学生にローンを組ませてくれる銀行は、以下の二つです。どちらも Medical student 専用のローンです。

WellsFargo
MedCAP® Alternative Loan for Health Professionals

Citi Bank 
Private Student Loans for Health Professions

ちなみに利子は Wall street journal で毎月発表される Prime Index (連邦政府が決める数値です)+ 自分と連帯保証人の Credit Score によって決まります。大体6-10%かな。ちなみに、Federal Loan の利子は4-8%です。

初めて、コメントさせていただきます。
オリオンです。
1つ気になることがあります。
永住権を持っていない留学生は米国籍・永住権の持つ連帯保証人と一緒にローンを組むとありますが、あなた様はどういう人に保証人を頼みましたか? 
知り合いに永住権のお持ちの方がいらっしゃったのですか?
それとも、育英会奨学金のような機関保証制度のようなものがアメリカのローンにもありますか?
2014.07.07 00:11 | URL | オリオン #- [edit]
>オリオンさん

私は当時の婚約者(現在の夫)に連帯保証人になってもらいました。連帯保証人というものは軽々しく頼めるものではありませんし、たとえ仲のいい友達でも経済面を考えればなかなかハイとは言えません。知り合いAにはアメリカ人の仲のいい友達Bに頼んで連帯保証人になってもらってましたが、Bは学生なので万が一の場合に被害を蒙るのは避けたい。そこで、Aは弁護士に頼んで「万が一の場合はBではなくAの両親が全てのローンを払う」という証明書を作ってもらってましたね。要するに、保証人自体はアメリカ人のBだけど(これでローンが組める)、何かあったら負債はAの親(被害がBに及ばない)、ということ。何事も工夫次第でなんとかなるものです!
2014.07.23 17:06 | URL | 煌夜 #- [edit]
初めて、コメントさせていただきます。
ゆりと申します
私も医学部受験を考えておりまして、昨日願書をAAMCに提出致しました。
ひとつローンについて質問があるのですが、
Fedral Loanの場合、医学部在学中の資金を全部借りることができるのでしょうか?
現在研究者をしておりまして、今年仕事通して永住権を取得致しました。
なのでもし全額借りることができるのでしたら、資金はFedral Loanから賄おうと思っております。よろしくお願い致します。
2014.09.07 00:09 | URL | ゆり #- [edit]
>ゆりさん
確か全額借りれたと思いますが、subsidized loan の上限が年間$8000くらいに引き下げられたと思うので、もし医学部側からsybsuduzed loan が借りれたらそちらと併用したほうがいいと思います。多分、利子も医学部提供のローンの方が安いと思います。
2014.09.08 18:19 | URL | 煌夜 #- [edit]
合計で2000万強くらいは必要なんですね。
中には働いてお金を貯めた後に受験したり
働きながらなんて人もいるんでしょうか?
看護士のがコストパフォーマンスはいいかもしれないですね。
2015.05.20 12:46 | URL | 名無し #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://hotarunokoya.blog92.fc2.com/tb.php/16-05d4393d

Twitter

プロフィール

蛍乃煌夜

Author:蛍乃煌夜
高校卒業までは普通に日本の公立の学校に通う。高校の時、1年間アメリカで交換留学をしたことをきっかけに、アメリカの大学を受験し入学。大学を卒業後は3年間アメリカで社会人として生活。その間、アメリカの医学部(メディカルスクール)を受験し無事合格。2010年8月より医学生生活スタート。

 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

▲よろしければクリックをお願いします▲

メールフォーム

ご質問、ご意見等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※返信希望者には概ね1ヶ月程でお返事しています。管理人のスケジュールによっては2ヶ月ほどお待たせすることもございます。お急ぎでお返事をご希望の場合はその旨をお書き添えください。

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。