Loading…

スポンサーサイト

Posted by 蛍乃煌夜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄生虫クリニック!

Posted by 蛍乃煌夜 on 21.2012 呟き:医学部2年(Aug 2011 - May 2012)   0 comments   1 trackback
ご無沙汰しております。今週は感染症の試験その2と寄生虫学の試験がありました。どちらも好きなクラスというか、将来的に専門にしたいな~と思っていた分野だったので熱が入りましたv 興味があると勉強しやすいね・・・。

先日、寄生虫病棟の見学をしてきました。寄生虫学専門のA教授が「私の寄生虫クリニックへ、見学にいらっしゃい~vv」とお誘いしてくださったので便乗してきたって訳です。某病院の5階にクリニックが!

見学したのは金曜午後の3時半~6時という短い間でしたが、なかなかバライエティに富んだ症例が。

一人目:先天的トキソプラズマ症の西アフリカ人少女
まだ小学生の患者さんなんですが、利発そうでかわいかったv 妊娠後期で感染したらしく、生まれた当時は何の問題もなかったけれど成長するにつれて目に障害があるのが判明したそうです。西アフリカについて聞いた瞬間、母親が泣き出してしまいました。「息子が…国外強制退去で祖国に送り返された!」とのこと…。どうやら移民問題で裁判真っ最中らしく、娘(患者さん)も強制送還される可能性があるとか。さらに悪いことに雇った弁護士は詐欺っぽかった…。大金(100万円くらい)を貧しい移民母子から巻き上げて、裁判では何の役にも立ってないって。本来、違法移民であっても病気などがあり、本国に送り返されれば治療がままならない、ということがあれば「人道的理由」で米国滞在が許可されるはずなんですよね。その嘆願書類をA教授が書いて弁護士に送ったから、その書類を見せればOKになるはずなのに・・・その書類を無くされたとかなんとか・・・。A教授、怒って弁護士に電話して口論っぽいものを開始。後、「移民専門弁護士は搾取のことしか考えてない最低な人間ばかりよ!」と私に告げて次の患者のところへ・・・。こういうケースは多いみたい・・・。

二人目:マラリアの中央アフリカ妊婦
妊娠36週にして中央アフリカからアメリカにいる親戚を訪ねてやってきた妊婦さん。妊娠36週での長期フライト…ええ、タブーですとも!(ありえない!でも中央アフリカで生んだら死産+母体も危険だろうっていうのはわかるから、それ以上何もいえない…)。案の定、アメリカ滞在数日で発熱、痙攣、貧血を起こしERへ。中央アフリカはマラリアの巣窟。妊娠+マラリアは危険な状態です。加えて患者さん、英語が喋れない!(中央アフリカの公用語はフランス語らしい)。すっごい苦しそうに息してたので、みているこっちも苦しくなってきた…。マラリアは母子感染はしないけれど、「胎盤が壊死する可能性が高いのでさっさと生んだほうがいい」とかなんとか医師ズが相談してました。無事だといいのですが。

3人目:マンソン住血吸虫症の西アフリカ人
日本にも昔、住血吸虫症がありましたね。患者さんを見ていて、そういえば…エチオピアに去年行った時、教授から「河や池やプールなど、家の外以外で水の中には絶対入らないように!住血吸虫が大量にいるからかなりの確立で感染する!!」って何度も言われていたのを思い出しました。授業でも、例えば「エチオピアのオモ川でラフティングをやった観光客の団体半数が住血吸虫に罹り、そのうち2割だかが神経をやられた」とか言ってたような…。

4人目:エキノコックス症の東欧人学生
26歳の学生さんでした。3年前にアメリカに来たそうで、CTスキャンで嚢胞が肝臓にあることを指摘され、癌じゃないかととても心配してました。CTを見せてもらったんですが・・・ちょー巨大・・・な、嚢胞が。腎臓にはみでてる?そこから生えてる??ような微妙な位置で、結構難しい手術になるんじゃないかとA教授が言ってました。そしてもう一つ問題。この患者さん、保険を持っていない…!どうやってコストをカバーするか、A教授は頭を悩ませてました。

こんな感じで、寄生虫病以外にも患者さんに纏わる移民問題、保険問題などの面を垣間見ることができました。とっても勉強になった日☆

スポンサーサイト
  

Twitter

プロフィール

Author:蛍乃煌夜
高校卒業までは普通に日本の公立の学校に通う。高校の時、1年間アメリカで交換留学をしたことをきっかけに、アメリカの大学を受験し入学。大学を卒業後は3年間アメリカで社会人として生活。その間、アメリカの医学部(メディカルスクール)を受験し無事合格。2010年8月より医学生生活スタート。

 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

▲よろしければクリックをお願いします▲

メールフォーム

ご質問、ご意見等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※返信希望者には概ね1ヶ月程でお返事しています。管理人のスケジュールによっては2ヶ月ほどお待たせすることもございます。お急ぎでお返事をご希望の場合はその旨をお書き添えください。

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。