Loading…

スポンサーサイト

Posted by 蛍乃煌夜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥満と糖尿病のパラドックス

Posted by 蛍乃煌夜 on 29.2011 呟き:医学部2年(Aug 2011 - May 2012)   8 comments   0 trackback
※ブログ上部にあるスライドショーの写真を一部入れ替え。エチオピアで撮った写真を追加しました~v 是非チェックしてみてくださいね!

一ヶ月以上も更新していませんでしたー!ぎゃぼん。お久しぶりですこんばんは。最近、内分泌腺学のクラスと試験が終わり、Reproductive system (生殖器学?)のクラスが始まりました。神経学、医学スペイン語、倫理のクラスも引き続き。Evidence Based Medicine (根拠に基づいた医療?)のクラスも始まり、なかなかにぎやかです。

加えて今週は CIM の Physical Exam クラスがスタートしました。この実習クラスでは診察のテクニックを学びます。8人の学生+1人の医師教官で1グループ1部屋(模擬診療室)で、バイタルサインの取り方、目、耳、鼻、咽喉、心臓、肺、腹部、神経、生殖器・・・の診察方法などなど、順番に習って練習していきます。実習風景が写真に取れたら、詳しく書くつもり!

ところでこれ、以前ツイッターで呟いた内容なのですが、せっかくなので情報を追加してお送りいたします。

肥満についての講義のスライドより。
ザ・肥満大国アメリカの黒歴史 ~2001年 VS 2010年比較~

肥満の人の人口比(州別)
2001年:3分の1の州が15-19%、半分以上が20-24%
2010年:3分の1の州が20-24%、3分の1が25-29%、3分の1が30%以上

約10年でこんなにも変わるってどういう事…。まさに怒涛の勢いで国中が肥え続けております。BMI30以上は国民の3割以上、BMI25以上に至っては国民の7割!教授はこのスライドを見せながら 「民主党にとっての悪夢です!」というジョークを飛ばし、学生は爆笑してました(赤は共和党の色・民主党は青)。私もぶっちゃけ吹いたけれど、正直これは笑うどころじゃないですよね。

しかし興味深いのは、糖尿病の比率です。
全国平均でいくと、国民の1割が糖尿病という事になります。
※データは全てCDCの統計から来ています。

一方日本は、肥満(BMI30以上)の割合が約4%とアメリカの約8分の一です。肥満の割合は先進国の中でもかなり下に位置するわけですが、糖尿病は日本国民の1割近くのようです(正確な%はちょっと見つけられませんでした)。

つまり、

米国: 肥満の人の約3分の1が糖尿病
日本: 肥満の人の約2.5-3倍が糖尿病

すっごい違い…。この逆転っていうか、この差は一体…。人種でこんなにも異なるんですね。なにせ、糖尿病になりやすい危険因子の一つに「白人以外の人種」って習ったくらい。今まで習ってきた疾患の中では、結構な数の疾病が「危険因子:黒人」とか「危険因子:白人」でした。感覚的に、黒人OR白人っていうのが多かったです。白人以外、っていう危険因子は初めて…。白人って糖尿病になりにくいんですね。だからあんなにブクブクしても平気なんだ。

ちなみに、世界で一番糖尿病&肥満になりやすいのは、アメリカ原住民の一民族、Pima Indianです。具体的なデータは覚えてないんですが、たしか肥満(BMI30以上)が7割っていうデータを見たような…。
スポンサーサイト
  

Twitter

プロフィール

蛍乃煌夜

Author:蛍乃煌夜
高校卒業までは普通に日本の公立の学校に通う。高校の時、1年間アメリカで交換留学をしたことをきっかけに、アメリカの大学を受験し入学。大学を卒業後は3年間アメリカで社会人として生活。その間、アメリカの医学部(メディカルスクール)を受験し無事合格。2010年8月より医学生生活スタート。

 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

▲よろしければクリックをお願いします▲

メールフォーム

ご質問、ご意見等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※返信希望者には概ね1ヶ月程でお返事しています。管理人のスケジュールによっては2ヶ月ほどお待たせすることもございます。お急ぎでお返事をご希望の場合はその旨をお書き添えください。

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。