Loading…

スポンサーサイト

Posted by 蛍乃煌夜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康保険

Posted by 蛍乃煌夜 on 29.2011 呟き:医学部1年(Aug 2010 - Jun 2011)   2 comments   0 trackback
この前の授業で健康保険制度についてやりました。事前に「前週のICMで、担当した患者さんにどんな保険を持っているのか、保険で何がカバーされていて何がされてないのか、保険がない場合は支払いをどうしているのか」を聞いてくるように言われてましてね。で、私が前回医療面接した患者さんは、政府支給のメディケイドを使用してました。

アメリカには連邦政府が低所得層向けに作ってる公的医療保険が二種類メインであって、

メディケイド=民間の医療保険に加入できない低所得者・身体障害者
メディケア=高齢者または障害者向け

です。あとは州によって更に補助制度があったりなかったり、場所によって雲泥の差があります。ウチの州は全米でも最も画期的な州といわれるらしく、本当に様々なヘルプシステムがあるそうです。何度も書いているのですが、うちのメディカルスクールがあるところ&付属病院ズのほとんどは貧困層にあります。その分ホントにいろんな症例があるまるのですが、来る患者のほとんどが低所得層、つまり公的保険を利用している様子。

普通の病院(特に富裕層が多く住む地域)の場合、メディケア・メディケイドを使用している患者の割合は2-4割だそうです。公的保険制度は連邦政府から病院に支払われる金額が限られているため、プライベート(民間)の医療保険に加入している患者数が多ければ多いほど、病院側は黒字になります。逆に公的保険を利用している患者が多い病院の収益は、どうしても低くなります。

うちの付属病院の一つにM病院があるのですが、小児病棟とあわせると病床1200なので、結構大きい方かな?で、そこのCEOが来て保険についての講義をしてくれたんですが、これがまた超リベラルな方でしてね。

「うちの病院が受け入れるメディケア・メディケイドの患者率は8割です!」

とデータ公開。ま じ で す か!!全国平均が3割(だったかなぁ?)のところ、8割!?それって「うちは赤字!収益がでない!」って言ってるようなもんなんですが、その事実を誇らしげに語るところに大変好感を覚えました。「ウチは低所得層の味方です。医師は貧しい人々を助けて当然!」ですって。ってか、そんなんでどうやって病院運営してるんだろう??謎です。相当なやり手との噂。凄いわ~。

更にCEOは「将来アメリカはシングルペイーヤー制度に移行すべきである」を力説し、加えてオバマケアも「完全ではないが正しい道への第一歩!」と支持したりして。
※シングルペイヤー制度=健康保険を国が管理・運営する、日本や台湾みたいなシステム
※オバマケア=オバマ氏が行った医療制度改革の通称

このCEO,うちのメディカルスクール出身だそうです。いろんな意味でさすがwちなみに、オバマケアを支持する人は主にリベラルな州(通称Blue State)に多いです。保守的な州(Red state)は大反対の人が過半数ですね。単純で申し訳ないですが、
Blue States=民主党、リベラル、大都市、インテリ、移民(例:ニューヨーク、カリフィルニア)
Red States=共和党、保守、田舎、ビジネスマン、ファーマー(例:テキサス、アラバマ)
かな…。最近の分布図はこちら。一言で纏めると、東海岸+西海岸がBlueで、南部+中央部がRedです。選挙ごとに変動する州もありますが、固定な州は多いですね。皮肉なことに、オバマケアで一番恩恵を受けるのって実はRed Statesだったりしますよ…。Blue Statesのほうがお金持ってるんで(苦笑)

医療費抑制が全然できなかった為あまり評価されてないようですが、オバマケアの賞賛すべき条例は

①今まで保険がなかった多数が保険を買えるようになる!
②Pre-existing condition Exclusion の禁止 

だと思います。実際、クラスメイトと話し合ったところ「オバマケアのおかげで人生初の健康保険が買えた!」と喜んでた患者さんがちらほらいたようです。素晴らしい、こんな風に効果が目に見えると有り難味がわきますね!そして②の意味は大変大きいです。Pre-existing condition って日本語訳がないんですが、簡単に言えば「病気持ちの人は保険を買わせてあげないヨ!買わせてやってもいいけど、保険料は普通の人の3倍以上払ってねw」みたいな、非常にフザけた、日本人からするとまじありえないシステムです。Pre-existing conditionのコンセプトが常識であるアメリカ。まさに先進国の非常識であるそれを、オバマケアは禁止しました!!

もっと評価されるべきだと思うんだけどな…。もうね、こっちに来て思うんですが、……ヽ(  ̄д ̄;)ノっていうヒトビトが多くてねぇ~(特にRed Statesの人)

たとえばこの矛盾!オバマケア反対のデモ参加者が掲げたプラカードの写真なんですが、

dont-steal-medicare.jpg

訳:社会主義な医療制度をサポートするために私のメディケアからお金を盗むな!

ですって。まじ 意味 わ か ら な いww Well... Medicare is A type of Socialized Medicine!!そもそもメディケアもメディケイドも連邦政府の医療保険、つまり「社会主義な医療制度」なんですけどww

アメリカの保守層には日本やヨーロッパがやっているような医療制度を「社会主義な医療制度」として嫌悪する風潮があります。これってつまり、民間の保険会社や製薬会社が流布したレッテルなんですが、歪曲された解釈を真面目に信じてる人々のなんと多いことか…。

ハァ <(; ̄ ・ ̄)=3

アメリカの悲惨な実態に興味がある方は、マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー「SICKO」をごらんください。
スポンサーサイト
  

Twitter

プロフィール

蛍乃煌夜

Author:蛍乃煌夜
高校卒業までは普通に日本の公立の学校に通う。高校の時、1年間アメリカで交換留学をしたことをきっかけに、アメリカの大学を受験し入学。大学を卒業後は3年間アメリカで社会人として生活。その間、アメリカの医学部(メディカルスクール)を受験し無事合格。2010年8月より医学生生活スタート。

 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

▲よろしければクリックをお願いします▲

メールフォーム

ご質問、ご意見等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※返信希望者には概ね1ヶ月程でお返事しています。管理人のスケジュールによっては2ヶ月ほどお待たせすることもございます。お急ぎでお返事をご希望の場合はその旨をお書き添えください。

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。