Loading…

スポンサーサイト

Posted by 蛍乃煌夜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚姻届 & アメリカのシステム

Posted by 蛍乃煌夜 on 29.2010 呟き:医学部1年(Aug 2010 - Jun 2011)   2 comments   0 trackback
医学部と全然関係ない私事ですが、11月26日に City Hall で結婚してきました。うちからは母上が、相方側は同じくお母様と弟さんがいらしてくれました。学生結婚なんて、自分から一番遠いモンだと思ってたんですが(笑)世の中わからないもんだなぁ~。でも相方は学生じゃないですよ!

アメリカの医学生は平均年齢が日本より数年以上高いせいもあり、既婚率は日本より高いです。在学中に結婚する人も結構多いみたいです。在学中に子供を持つ人もちらほら。95%の学生がキャンパス内の学生アパートに住んでいるんですが、ロビーには大抵、子供連れのベビーシッターの姿が見られます。まぁ、そうは言っても実際のところ、医者の結婚平均年齢は32歳くらいらしいですが…。

さて、アメリカの婚姻システムって、日本と全然違ってて面白かったです。まずね、

1)オンラインで結婚申請書フォームを送信する

んですが、それを送信してから60日以内に

2)カップル揃って City Hall に出頭⇒ Marriage License を取ります。

ライセンス…ぇ、婚姻免許証?いみわかんねぇえええー(笑。これは重婚や結婚詐欺を防ぐ目的があるらしいです。アメリカは州ごとに婚姻に関する法律が違うし、国際結婚も多いのでね…。不思議。そして、2)の24時間後、60日以内に

3)カップル揃って再び City Hall に出頭⇒ Get Married です。

24時間後という制限がついているのは、「しまった!やっぱり結婚やめよう!」とカップル間で問題があったときのための対処らしいです。ますます意味がわからないww そもそもそんなすぐ結婚を後悔するくらいなら、最初から1)も2)もやらんだろに…。2回も市役所に行かないといけない、というのは正直しんどいですよ。だって、市役所って平日の、しかも朝8時半~3時半までしか開いてないんですよ!?ケンカ売ってる…。

3)は、裁判官、市長、Clerk(←訳がわかりません!)+目撃者(Witness)の前で宣誓をするのが目的です。教会やシナゴグなど、宗教関係の挙式をする場合、神父や神官が宣誓を認める権限があるけれど、そのほか無宗教で挙式をする場合は、法律で認められた人(裁判官・市長・Clerk)が宣誓を見届けて婚姻を認める必要があるとか…。ほー。へー。なので、City Hall で2分の宣誓式です。2分ww

でまぁその宣誓式の出だしに度肝を抜かれました。

裁判官(?)「この結婚に反対の意を唱える者は、今すぐ名乗りを上げ、説明しなさい。さもなくば沈黙を。」

…(゚□゚;)!!?

昔の名残の台詞らしいです。今でもこげなことを聞くところが謎(笑)ここで 「異議あり!!」とか言う人いるんだろうか…。ちなみに、結婚指輪は間に合わなかったので、今回は交換できませんでした。残念!

ちゃんとした挙式は私が研修医になってからやりたいです。神前式で!!

それから、夫婦別姓なので名前に変更はありません☆なんと素晴らしいシステム。日本も早く夫婦別姓OKになればいいのに。法改正はまだかいな。あと、相方は来年夏に私のアパートに引っ越してくる予定であります。
スポンサーサイト
  

Twitter

プロフィール

蛍乃煌夜

Author:蛍乃煌夜
高校卒業までは普通に日本の公立の学校に通う。高校の時、1年間アメリカで交換留学をしたことをきっかけに、アメリカの大学を受験し入学。大学を卒業後は3年間アメリカで社会人として生活。その間、アメリカの医学部(メディカルスクール)を受験し無事合格。2010年8月より医学生生活スタート。

 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

▲よろしければクリックをお願いします▲

メールフォーム

ご質問、ご意見等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※返信希望者には概ね1ヶ月程でお返事しています。管理人のスケジュールによっては2ヶ月ほどお待たせすることもございます。お急ぎでお返事をご希望の場合はその旨をお書き添えください。

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。