Loading…

スポンサーサイト

Posted by 蛍乃煌夜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.住む場所の確保

Posted by 蛍乃煌夜 on 11.2010 入学までの手続きetc   0 comments   0 trackback
8月に入学ですので、6.7月ごろになれば住む場所の心配をしなければなりません。どこに住むのか、家賃はどのくらいか、家具はどうするか・・・気にかかることはたくさんあります。


■住む場所の確保

医学部によってオプションが大分異なりますが、たいていは以下の2つの中から選びます。

-学校付属のアパートに住む。
-自分で学校付近のアパートを捜す

どしらにしろ、生活費を安く抑えたい学生のほとんどがルームシェアをします。例えば3LDKに3人で住み、各自自分の部屋は持つけれど、キッチン、リビング、バスルーム、ダイニングは共同、といった具合です。静かな環境、自分の空間を好む人は少々高くつきますが、Studio に住む人もいます。学校付属のアパートは自分で探す必要がなく、またキャンパスのど真ん中に存在することが多く便利、といった利点がありますが、ルームメイトは学校お任せになります。

家具は冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機以外は付いていないことがほとんどなので、デスク、テーブル、いすなどは自分で調達します。自分のものを持っている人はそれを持ち込めばいいですし、ない人は大抵学校の近所に家具を安く売っているところがあるので(中古など)、そこから調達します。また、卒業生から譲り受けるとさらに経済的です。

こんなところでしょうか。
スポンサーサイト

2.教育ローンの申請

Posted by 蛍乃煌夜 on 11.2010 入学までの手続きetc   5 comments   0 trackback
学費が高いと有名なアメリカですが、医学部にはいくらくらい必要で、どうやって資金を調達すればいいのか?合格したみなさん、どうやっているの?

…誰もが疑問に思うことだと思います。


■教育ローンの申請

アメリカのメディカルスクールの学費は、私立で日本円にして年間約400-450万円くらいです。それにプラスして生活費・テキスト代・国家試験費用(約150-200万円)が追加されますので、年間550~640万円ほど必要になる計算になります(アメリカの公立医学部はほとんど外国人に門戸を開いていないので、ここでは省略させていただきますね)。となると、日本の国公立医学部よりはるかに高いけれど、寄付金がいらない分日本の私立医学部よりは安いことになります。しかし高い!大学(undergraduate) と違い、メディカルスクールは奨学金(Grant 返済義務なし)がほとんどありません(Law School 法学部にもありません)。あるとしても、10万~80万円程度しかもらえないことがほとんどです。全学費にはとても及びません。全てをポンと払える家庭はごくわずかです。一部もしくは大部分を払えたとしても、残りをどうするのか。そこで、教育ローン(Student Loan)の登場です。

Student Loan にはいくつか種類があります。主に、連邦政府が非常に好条件で貸し出してくれる Federal Loan(数種類あります)、学校側が貸し出してくれる School Loan, そして、一般の銀行が貸し出してくれる Private Loan などがあります。Federal Loan は米国籍か米国永住権を持つ者にしか貸し出されません(ほとんどの医学生はこのローンを利用します)。よって、外国人の利用はおのずと School loan, Private Loan に限定されてきます。

School Loan は大抵、家庭の収入によってローンを組ませてくれるか決定します。外国人の利用は発展途上国出身者(アフリカなど)以外はなかなか認められません。認められても全額ではなく、一部のことが多いようです。よって、Private Loan で残りもしくは全額を借り入れることになります。

Private Loan には、medical school に特化したStudent Loanが存在します。一部の銀行に限り、米国籍・永住権を持つ者の連帯保証人と共にローンを組ませてくれます。担保もなしに、結構簡単にポンと貸してくれるのです(返済はもちろん大変ですが…(´ヘ`;)。なぜか。アメリカの医学部は入学が至難の業であるのと引き換えに、一旦入った後は脱落率が大変低いのです。つまり、将来の高収入を約束された医者の卵が借り入れ主なので、銀行側にとっては返済を確実にしてくれる顧客に当たるからです。Citi Bank, WellsFargo などの大手銀行から、現在はローンを組むことができます。

ローンの流れとしては、

1.外国人の本人が銀行に申請する。
2.銀行側が申請書を(仮)受理する。
3.米国籍・永住権を持つ連帯保証人と共に、契約書にサインする
4.銀行側が学校側にローン内容と申請者の学生確認をする。
5.学校側が銀行側にローン受理の嘆願をする
6.銀行側がローンを正式に受理する
7.借り入れたローンが学費として、銀行から直接学校に払い込まれる

返済義務は、医学部卒業から半年後に発生します。つまり、入学してから4年半後、研修医となって収入がある時期になってから返済を開始します。

返済…Σ( ̄ε ̄;|||・・・ 


2010年現在、グリーンカードを持たない外国人の医学生にローンを組ませてくれる銀行は、以下の二つです。どちらも Medical student 専用のローンです。

WellsFargo
MedCAP® Alternative Loan for Health Professionals

Citi Bank 
Private Student Loans for Health Professions

ちなみに利子は Wall street journal で毎月発表される Prime Index (連邦政府が決める数値です)+ 自分と連帯保証人の Credit Score によって決まります。大体6-10%かな。ちなみに、Federal Loan の利子は4-8%です。

1.F1ビザの取得

Posted by 蛍乃煌夜 on 11.2010 入学までの手続きetc   0 comments   0 trackback
アメリカで勉強するにあたり、必要不可欠なのは何か。それはビザです。

■F1ビザの取得

F1ビザとは、学生ビザのことです。これがないとアメリカに入国・滞在できません。合格後、学校側がビザ申請に必要な書類I-20を送ってきます。それに添えられた説明書に沿ってビザの申請を行います。通常、日本国内にあるアメリカ大使館・領事館でアポをとって料金を払い、指定された書類の数々とともに申請します。

ビザ申請に必要な書類は

- I-20
- パスポート
- 合格証明書
- 大学4年間の成績
- 学費支払い能力を示した書類(ローン許可書、銀行の明細など)
- アポ料金支払い証明書
- ビザ申請料金支払い証明書
- 写真

だったかな。大使館・領事館で面接をして上記書類一切を渡すのですが、待ち時間がひたすら長いです。1-3時間待たされるくせに、面接は5分もなし!…お役所仕事というやつです。

1週間くらいでビザは発行され、パスポートに貼り付けられて郵送されてきます。これを持って学校が始まる前にアメリカに入国します。


0.入学までの手続きetc

Posted by 蛍乃煌夜 on 11.2010 入学までの手続きetc   0 comments   0 trackback
合格してから入学まではいろんな手続きが必要です。
主なリストはこちら。

■F1ビザの取得
■教育ローンの申請
■住む場所の確保

このほかに提出しなければならないものとして、

- Background check
- 受験の書類を申請した後に取ったクラスの成績(あれば)
- 健康診断とワクチン接種の履歴および抗体チェック

などがあります。
特に重要なのは先述の■3つの項目なので、ひとつずつ説明していきます。


  

Twitter

プロフィール

Author:蛍乃煌夜
高校卒業までは普通に日本の公立の学校に通う。高校の時、1年間アメリカで交換留学をしたことをきっかけに、アメリカの大学を受験し入学。大学を卒業後は3年間アメリカで社会人として生活。その間、アメリカの医学部(メディカルスクール)を受験し無事合格。2010年8月より医学生生活スタート。

 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

▲よろしければクリックをお願いします▲

メールフォーム

ご質問、ご意見等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※返信希望者には概ね1ヶ月程でお返事しています。管理人のスケジュールによっては2ヶ月ほどお待たせすることもございます。お急ぎでお返事をご希望の場合はその旨をお書き添えください。

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。