Loading…

スポンサーサイト

Posted by 蛍乃煌夜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに。

Posted by 蛍乃煌夜 on 09.2010 はじめに   13 comments
米国医学部(メディカルスクール)に2010年8月~2014年5月在籍⇒2014年7月からアメリカで内科の研修医をやっている日本人の日々のつぶやきです。(研究留学・臨床留学ではありません。医学部 メディカルスクール に正規入学・卒業しました。)

・アメリカの医学部(メディカルスクール)ってどんな感じ?
・どうやって受験しているの?
・どんなシステムなの?
・医学生の日常生活は?
・授業ってどんな風になっているの?
・アメリカの研修医プログラムってどんな感じ?

などなど、日本の医学部に通われている方、日本で医師をしていらっしゃる方の中には、アメリカの医学部(メディカルスクール)・研修医プログラムに興味を持った方もいらっしゃるのではと思います。すべての質問にお答えできるかはわかりませんが、ライブ・ジャーナル的に日々の心境を吐露しつつ、米国医学部留学・研修医生活についての内情を綴っていけたらと思います。

カテゴリ別の 目次はこちら

ご意見、ご質問等がございましたら、右側にあるメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。アメリカのメディカルスクール、及び大学受験についてお尋ねになる場合、私個人の経験に基づいて回答しています。あくまで個人的見解であるということを念頭におき、最終的判断は各自でお願いします。


■米国医学部についての基礎知識

アメリカの医学部は Medical School メディカルスクール と呼ばれます。日本と違い大学院から開始し、専門職大学院扱いです。つまり、大学を卒業し学位を取得してから入学します。なので、医学部、という表記は本来正しくなく、本当は医学院もしくは医学大学院ですね。(当ブログではわかりやすいように”医学部”と表記しています)。医学部は4年間で、1~2年次が基礎医学・応用医学。3~4年次に病院実習ポリクリ(Clerkship, Rotation と呼ばれる)です。卒業と同時にMDを取得、研修医(Residency)へと移行します。

アメリカのメディカルスクールには MD (Doctor of Medicine / Allopathic medicine)と DO (Doctor of Osteopathy / Osteopathic Medicine) の2種類が存在します。当ブログではメディカルスクール MD について述べています。MD と DO は大して変わらないと言われていますが、それでも微妙に異なるようです。私自身は利点・欠点を客観的に挙げられるほどDOを理解している訳ではないので 、DOに興味を持たれた方は他のサイトを探されることをオススメします。


■著者のプロフィール & 履歴

長ったらしくなったので、別ページ 著者について に移動させました。私がどういう経緯でアメリカに滞在することになったのか、及び何故日本の医学部ではなく、わざわざアメリカの医学部を目指そうと思ったのか…などなど、その過程についてざっと触れてあります。
スポンサーサイト
  

Twitter

プロフィール

蛍乃煌夜

Author:蛍乃煌夜
高校卒業までは普通に日本の公立の学校に通う。高校の時、1年間アメリカで交換留学をしたことをきっかけに、アメリカの大学を受験し入学。大学を卒業後は3年間アメリカで社会人として生活。その間、アメリカの医学部(メディカルスクール)を受験し無事合格。2010年8月より医学生生活スタート。

 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

▲よろしければクリックをお願いします▲

メールフォーム

ご質問、ご意見等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※返信希望者には概ね1ヶ月程でお返事しています。管理人のスケジュールによっては2ヶ月ほどお待たせすることもございます。お急ぎでお返事をご希望の場合はその旨をお書き添えください。

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。