Loading…

スポンサーサイト

Posted by 蛍乃煌夜 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まいぺーすde。へようこそ!

Posted by 蛍乃煌夜 on 10.2018 未分類   13 comments
アメリカの医学部(メディカルスクール)に在籍していた日本人がお送りする、
アメリカ医学部留学日記 および アメリカ研修医日記 です。

アメリカの医学部(メディカルスクール)在籍:2010年8月~2014年5月卒業
アメリカの内科研修医(レジデンシー)プログラム:2014年7月~現在

初めての方は、はじめに をご覧ください。
カテゴリ別の 目次はこちら

この記事「まいぺーすde。へようこそ!」は常に記事TOPに来るようになっています。
以下の記事から時系列順(新しい投稿ほど上)です。

© hotarunokoya.blog92.fc2.com All Rights Reserved.

スポンサーサイト

MICU(みっくゆー)!

Posted by 蛍乃煌夜 on 14.2015 呟き:研修医1年目   1 comments   0 trackback
ブログ記事に「xxについて書こうと思います!」という予告は嘘予告もいいとこなので、いい加減そういう発言は控えることにします…。毎度ながらお久しぶりです。現在、内科集中治療室勤務です!MICU(みっくゆー)というやつですね。Medical Intensive Care Unit の略です。ちなみに外科集中治療室はSICU(しっくゆー) = Surgical ICU, 新生児集中治療室はNICU(にっくゆー) = Neonatal ICU と言います。神経集中治療室もNICU(にっくゆー)ですが、新生児の方と区別するため、発音するときは Neuro ICU (にぃうろ あいしーゆー)って呼んでます。日本では何て略するのか知りませんが。

昨夜は夜勤で心臓マッサージをやったので肩こりが凄いことに…。心臓蘇生法をやる時はとにかく人手が多いに越したことない、ということをしみじみ思います。あれは2分連続でやるだけでもキツい。汗だく全力疾走した後みたいな感じになります(私が運動不足なだけかも)。ICUは亡くなる方が多いので、人はどう死ぬべきなのかとかいろいろ思う事も沢山ありますが、まぁそれは時間がある時にでも…。ドラマとかで心臓マッサージが「ヒロイックな行動により人が生き返る!」とかポジティブなイメージ沢山あるように見受けられますけど、現実は大変シビアであり、心臓蘇生法はかなりバイオレントで回復する見込みもごくわずかです…。ちなみに蘇生現場にはいろんな意味で家族に立ち会ってもらうほうが望ましいと思います。心臓蘇生への家族の立ち合いした家族のPTSDの割合が、立ち会わなかった家族より低い、等というデータもでてます(日本語のニュース記事NEJMの記事)。

ところでなんと、母校で講演を頼まれてしまいました!ツイッターのほうで呟いたんですが、6月の帰国時に「海外で働くこと」について90分話すことになりました。きゅうじゅっぷん…!わたし、日本語でプレゼンしたことないような…?パワーポイントはいつも英語で作って英語で話してたので、日本語で作るとなんか新鮮。ICU勤務の合間にちょこちょこ作ってます。聞きに来てくれるのは花の高校生ですよ高校生!こーこーせー…!うわぁ…!

ローテーションしてる3病院の特徴

Posted by 蛍乃煌夜 on 23.2015 呟き:研修医1年目   4 comments   0 trackback
…下書きの記事が公開されているのに今更気づいた現在…。加筆修正してUPしますごめんなさい。ブログ放置にもほどがありますね!笑

さて、改めまして、研修医生活もすでに7か月…。早いものです!わお!今更ですが、私がローテーションしている病院の特徴について少々まとめて書きたいと思います。

アメリカの研修医1年目は日本の病院でいう後期研修に相当するそうです。つまり私は内科医なので内科のみをローテーションしているということですね。ツイッターでも何回か述べていますが、うちの研修医プログラムは系列の全然違う3つの病院(私立病院、市立病院、退役軍人病院)を回ります。三つともうちの研修医プログラムと提携を組んでいるからです。

■私立病院A■
一般病床:1000床ほど
私立なので基本的に保険を持っている患者しか受け入れません。従って患者は中流~富裕層が中心となります。お金を持ってる病院なので人員が非常に充実してます。ソーシャルワーカーもケースマネジャーも看護師もPCA(=バイタルを測るなど看護師を補助する雑用係)も充実。使える薬の種類も幅広い。そしてぶっちゃけ!富裕層の患者さんはいろいろ要求してくる方が多いです。こちらが心臓内科医は必要ないと説明しても「心臓内科医を呼べ」とか、挙句は「訴えてやる!」とか日常茶飯事ですわ…。胃が痛いwそれに上手く対応できるスキルを身に着けることが大切です。
楽なところは、患者さんのほとんどが英語を話すということ。通訳をあまり使わなくていいので会話がしやすいです。他、特徴としてはユダヤ系の患者さんが多いかな。ハシディック系(超保守系ユダヤ)になると「緩和治療や臨終の際にCPRをしないのはバイブルに反する」とかいう教えがある?らしく??ご臨終の際も延命治療を要求してきたりする家族が多い印象ですね。宗教の違いって面白いですが、文化的理解がないととんでもないいざこざを招いたりと、なかなか大変です。こちらとしては相手の信条を尊重しつつ、何が患者さん本人にとってベストかを説いて歩み寄っていくしかありません。骨の折れる仕事です。
ともかく、ベッドの回転率が非常に早いので、次から次へと入院させて退院させて、の繰り返しで毎日忙しい病院ですね。

■市立病院B■
一般病床:860床ほど
精神病床:340床ほど(!!)
トータルベッド数:1200床ほど
こちらは保険を持っていない患者さんばかりか、違法移民を大量に受け入れている病院です。なので、世界中から患者が集まってるといっても過言ではないほど、患者さんの国籍や言語、病歴も様々でひっじょーーに面白いです!!去年一年でうちの病院が使った通訳の言語数はなんと111種類です。わたし個人でさえ、これまでにスぺ語・ロシア語・ベンガル語・ヒンズー語・マンダリン・広東語・福建語・ハンガリー語・フランス語・ルーマニア語・ギリシャ語・ハイチ語・アラビア語・ベトナム語・マンディンガ語・ウォロフ語の16か国語の通訳さんにお世話になってます(←各病室に受話器2つの通訳電話が設置されている!)。ってか、マンディンガ語とかウォロフ語とか、聞いたことすらなかったですわ…wちなみに日本人の患者さん相手にはちゃんと日本語も使ってますよ!めったに使わないけど!!さて、それだけ言語や人種が異なれば習慣や文化、宗教も全然違うわけで、意志疎通もなかなか大変です。アメリカの他の病院では見られない病気、たとえば寄生虫病や重度の結核なども集まる訳です。
また、こちらもツイッターに呟きましたが、病人の囚人が入る監獄病棟や精神病犯罪者を扱う重度の隔離病棟もあります。金属探知機に加え、頑丈な鉄格子を4回も潜ってやっと患者と対面…、診察するだけでも骨が折れます。まぁ、そういう理由で、暴れたり怒鳴ったりする患者さんも結構多いわけで(ホームレスの方も多いですし)、警備員の出動回数も毎日相当なものです。うちの病院ではCMTというコード名(Crisis Management Teamの略)なんですが、医療従事者が「手におえないな」とか「あ、やばい」と思ったら館内放送でCMTを呼び出してもらい、5分以内に警備員やソーシャルワーカー、トラブルマネージメント委員が速攻で駆けつけてくれる仕組みです。とても便利で、私も2,3度ほどお世話になっております。さすがアメリカですね☆
「もう何十年も医者にかかってない、貴方が最初の医者だ」とか言われたり、ほんっとに複雑な病歴の人が多かったり、あらゆる意味で大変だけど遣り甲斐がある病院です。一番、「医者になってよかったなぁ」と思わせてくれる病院かな。

■連邦政府退役軍人病院C■
トータルベッド数:200床ほど
こちらは連邦政府直轄でして、退役軍人しか患者は来ません。よって、男女比率は9:1くらいで圧倒的に男性が多いです。退役軍人と言うと老人が多い印象を受けますよね。実際のところ50-90代の患者さんを目にすることが多いですが、20代のイラク・アフガニスタン戦争退役者も結構いるみたいです。元軍人で長生きする人は若く見える人が多いですね。若い頃に規則正しい生活をし運動をしていたからでしょう。一方、薬物中毒やPTSDなどの精神疾患を抱えた人も沢山います。特にベトナム戦争の退役軍人に多い模様(←国のために戦ったのに、帰ってきたら全米反戦ムードで全然歓迎されなかったから、だそうです)。ちなみに、若い女性の医師相手にはかなり下品な発言をしてくる患者さんもいるので要注意ですwそういうのをサラっとながしたり「セクハラ発言はダメです」とはっきり言えるようにならないとダメですねww 
上記二つの病院にくらべて圧倒的に小さな病院で、こじんまりとしています。退役軍人省は財政が厳しいのでしょう、看護師やスタッフの数が圧倒的に足りてない…!財政難なんだなぁ、とこんな末端の現場で実感してしまいます。


こんなところかな。

今日から2週間の休暇です!トルコ旅行に行ってきますvv
帰ってきたら次はこれまでの7か月のローテーションについてざっと書けたらいいな、と。


一般病棟めちゃやばかった

Posted by 蛍乃煌夜 on 02.2014 呟き:研修医1年目   1 comments   0 trackback
8月は一般病棟だったのですがめちゃくちゃ忙しかったです…。朝病院に6時40分くらいに集合して、夜病院出るのが19-22時なんですよね。家帰ってもごはん食べて寝るだけっていう・・・。仕事終わってなくて、家帰ってからもカルテ書いてた事多かったし。幸い、夫が食事の用意洗濯掃除含む家事を全部やってくれたので非常にありがたかったですww特に、家に帰ったら夕飯が食卓に用意してあるってのがものすごーく有難くて。何これ魔法?ちなみに医学部の時は私のが家帰るの早かったので、ほとんど私が夕食作ってましたww

世の中の「妻には家にいて僕の帰りを待っていてほしい」とかほざく野郎が大勢いますけど、そやつらの気持ちが少しわかりましたわ。でもそういう野郎は毎晩夕食の献立を考えて準備する大変さがまったくわかっとらんばかりか、それを当然としか思ってないんだろうなー。家事分担の秘訣はやれる時にやれる人がやれる事をやる、そして感謝の気持ちを忘れない、それがポイントじゃないかしら。

あっなんかブログ内容が研修医とちょっと関係ないですね!先週からは2週間の研究期間なので、おいおい記事を書いていきたいと思います。怒涛の一般病棟とか…。回転率が速すぎるんだよ、ここの病院…。

コメントやメールのお返事、7月からため込んでいてすみません。ここ2週間のうちの消化をめざしたいと思いますので少々お待ちください。

一般病棟…

Posted by 蛍乃煌夜 on 03.2014 呟き:研修医1年目   0 comments   0 trackback
一か月に渡る市立病院でのCCU(心疾患集中治療室)も終わり、先週から私立病院で一般病棟やってます。CCUは患者さんの状態がすぐ悪化する可能性もあり大変でしたが、学ぶことも多く非常によい経験でした!大変だったけど楽しかった!いいアテンディングとレジデントにも恵まれました。良い事ですね。またやりたいローテーションです。

さて、私立と市立は全然患者さんが違いますねー…。市立は違法移民を含むいろいろな国からの移民の患者さんとか、無保険の患者さん、また薬物中毒や前科持ちの方も結構いらして、英語を話せない人も多かった訳です。ある週なんて、スペイン語、中国語、ギリシャ語、ルーマニア語に加えてウォロフ語を話す患者さんが…。ウォロフ語ですよウォロフ語!えっ何それ聞いたことないどこの国の言葉!?ってのが私の反応でして(知ってる方います!?)。ウォロフ語はWollof と言ってセネガルやガンビアで話されてる言葉の一つだそうです。さすがの Pacific interpreter (うちの病院が使う電話通訳。200種類の言語を取り揃えておりますw)もウォロフ語の通訳は常にいるとは限らなかったくらい。いやーホント面白いわ市立病院!

一方私立は基本的に無保険の患者は取らないようなので(無保険の人や違法移民は基本的に市立病院行き)、今のところみんな英語しゃべる患者さんばかりですね。まぁ通訳いらないから会話が楽でいいですけど。あとはここの病院の特徴?なのでしょうか。なんでこの人入院なの!?外来で充分だろ!という患者さんが結構多いです…。意味が分からん。おかげで回転率が速すぎて(汗)書類作業にめちゃくちゃ時間をとられます…。全然嬉しくない!!

慣れるまで時間がかかりそうです。今のところ毎日13-15時間勤務でしんどいですw電子カルテが初めて使うタイプというのも理由の一つですが。慣れたらもっと効率よくできるかな?頑張ります!

研修医の最初の月はCCU!

Posted by 蛍乃煌夜 on 04.2014 呟き:研修医1年目   0 comments   0 trackback
7月1日から研修医やってます!イエーイ☆ ほんの一か月前まで医学生だったのに、患者さんに "Hi! This is Dr. XX, I will be taking care of you! " と自分を「ドクターです!」と自己紹介するんですよ。ちょっとまだ違和感感じますね…。一か月ごとにいろんな場所をローテーションするんですが、一番最初の月に CCU 冠疾患集中治療室 ですヨ!いきなりハードなやつ当たってしまいましたwwでもICUは一人当たり担当の患者数が普通の入院病棟より少ないし、万が一のサポートシステムが整っているので、一般入院病棟よりやりやすい、と個人的に思ってます。

さて、研修医は1年目を PGY-1 (インターン)、二年目を PGY-2 (レジデント)、3年目を PGY-3 (レジデント)、と呼びます。学年によってコールスケジュール(遅番・早番・当直・夜勤)のスケジュールも違うし、ローテーションスケジュールも違います。病院によっても大きな違いがありますが。

CCUは冠疾患集中治療室と名前の通り、心疾患の患者さんの特に重い病気の人を診る科です。心筋梗塞、心不全、重い不整脈の患者さんが中心です。アメリカの病院の研修医のコールスケジュールってどんなの?と気になる方もいると思いますので、私のコールスケジュールを一部ご紹介。

↓私の7月1日~19日までのコールスケジュール
calljuly.jpg

Long = Long call, 7:00 - 20:00 (13 hours)
Short = Short call, 7:00 - 17:00 (10 hours)
NF = Night float, 20:00 - 10:00 (14 hours)
Swing = Half day, 12:00 - 17:00 (5 hours)
Nothing = day off

つまり週休1日制です。もちろん、夕方17時とか20時に終わるというのは仕事が終わっていたらの話なので、ずれ込むことは多々あります。終了間際に患者さんの容体が急変したら、もちろん帰ったりしません。当然ですね!

初日がLong,二日目が夜勤wwいきなり濃かったです\(^o^)/ 今んところ順調(…)ですが、全然勉強が足りないなぁと思い知らされる毎日ですよ…!EKG(心電図)とかね、4年生の時に少しは読めるようになったかなぁとか思ってたんですが、甘かったわ…!!CCUは心電図命なんでもうほんとヤバいですね!!自分があまりに無知なんでヘコみますww でもヘコんでも何も変わんないので、気合いれて頑張ります!!

↓インターン初日の私。これでもすっごい緊張したんです、初日!!
写真

卒業式

Posted by 蛍乃煌夜 on 14.2014 呟き:医学部4年生(May 2013 - May 2014)   0 comments   0 trackback
ツイッターでは報告済みですが、無事MDを取得して卒業しました!医師になるのに 大学4年+研究員3年+医学部(メディカルスクール)4年=合計11年かかりましたヨ!長かったですね~。ここまでこれたのも支えて下さった方々のお蔭ですv せっかくなので、卒業式近辺に撮った写真を抜粋してUPしてみました。

▼ うちの学校の敷地の写真。右の建物が学生の住むアパート。うちの学校は学生に安くアパートを提供してくれる&授業や病院への移動が便利なので、95%くらいの学生がここに住んでました。左の建物はラボです。某有名なアメリカのドラマ・ロー&オーダー:クリミナルマインドの某エピソードの撮影ロケ地だったりもします。
school1.jpg

▼ 学生向けの談話室エリア。カフェも隣にあり快適な空間です。
school2.jpg

▼ メディカルスクールには全国共通の成績優秀者に送られる Alpha Omega Alpha (通称AOA)という賞があります。1902年に設立されたもので、各学校の成績上位10-15%くらいの学生が学長およびAOA選考会によって選ばれ、メディカルスクールでもらえる賞としては最高のものだそう。研修医プログラム応募に非常に有利に働くだけでなく、今後のキャリアを通してプラスになる履歴の一部となります。ラッキーなことにAOAメンバーに選ばれたので賞状をゲッツ。貰った人はみんな、オフィスに飾るらしいですv
AOA certificate


▼ 5月28日の卒業式は某フィルハーモニー管弦楽団のコンサートホールを貸し切って行われました。卒業式は夜7時半から9時半まで。家族総出で出席するというメインにベンドであります。
graduation 0

▼ 卒業式はもちろんキャップ&ガウン着用です。ガウンの色は学校の指定カラーであることが多く、うちはもっともポピュラーでオーソドックスな黒でしたが紅や青、緑など色はさまざま。腕の部分についている太い三本線は高位の学位であることの証で、PhDやMDなどのガウンにのみ使用されます。学士のガウンにこの三本線はありません。左腕に抱えているのはフードで、フードの色は学部の色を表します。うちの学校ではPhDは青、MDは緑(内側は水色)でした。フードは卒業証書を受け取った後、檀上で被せてもらいます。写真はホールへの入場を待っている卒業生です。
graduation 2

▼ 卒業式の舞台の写真です。卒業生一人一人が檀上にあがり、卒業証書を受け取ってフードを被せてもらいます。医学部の教授はみな出身校のガウンを着るため、このようにカラフルになります。右下でクリムゾンカラーのガウンを着ている教授はうちの学校の理事長で、卒業証書を卒業生一人一人に手渡し記念撮影をしているところです。クリムゾンカラーといえばお分かりになる方も多いのではないでしょうか?ハーバードの色です。舞台向かって左側では、教授が卒業生一人一人にフードをかぶせています。ちなみに、親族がうちの医学部の卒業生の場合に限り、その親族が卒業生にフードをかぶせることが可能です。また、学校は子持ちの卒業生に対する配慮が大変素晴らしく、卒業生は子供とともに舞台に上がり、卒業証書を受け取って子供も含めた記念撮影をしていました。そう、うちの学校には医学生が子育てしながら勉学に励めるようにと、さまざまなシステムが存在するんです。学校のアパートに子供の遊び場があったり、産休育休を兼ねて研究ができたり。日本ではみられない光景ですね!子育てをしている医学生って、他の医学生とは精神的成熟度がまるで違うんですよね・・・。私自身は学生の間は勉学に専念したんですが、長い目でみたらさっさと生んだほうがいいんだろうなぁ、学生のうちに生んだクラスメイトは賢い!と思います。研修医になれば怒涛の忙しさですしね!おっと話が逸れましたw
graduation1.jpg

▼ キャップ(帽子)についている房は卒業前は右側、卒業証書を受け取った後に全員で左側にまわして卒業を証明します。ハットトスはなし。卒業式が終わり、客席をぐるりと見渡しているところ。
graduation 3

▼ 卒業証書を手にガッツポーズの私。
graduation4.jpg

6月上旬は引っ越しシーズンです。アパートを引き払い、みな各々の研修医プログラムがある町へと巣立っていきました。私がマッチした研修医プログラムは医学部から1時間ほど離れたところだったので、飛行機で移動しなければいけない学生に比べたら大分マシな引っ越しだったと言えましょう。それでもめちゃくちゃ大変でしたが…w

来週月曜からはオリエンテーションで、研修医プログラム開始は7月1日からです。
そろそろブログのタイトルもどうするか考えないといけませんね!今後は研修医プログラムについて書いていけたらいいなと思っています。

※重要※
情報が集まり次第、アメリカのメディカルスクール出身の留学生がどのビザでアメリカの研修医プログラムに行くことができるのか、記事にしたいと思います。現時点ではっきりしたのは、アメリカのメディカルスクールを出た留学生はJ1ビザの取得ができない代わりに、F1ビザを延長したOPTを利用して研修医プログラムに行くことができる、という事です。


また、6月8日までにいただいたコメントおよびメールはすべて返信済みです。ご確認くださいv

もうすぐ卒業!

Posted by 蛍乃煌夜 on 15.2014 呟き:医学部4年生(May 2013 - May 2014)   2 comments   0 trackback
お久しぶりです!あと2週間で卒業です。早いものですね・・・。もうすぐこのブログも「アメリカ医学部留学日記」よりタイトル改め、「アメリカ研修医日記」になりそうです。

マッチデー(研修医プログラムのマッチング結果発表日:3月21日)についてはツイートしただけで終わってしまいましたので、改めてこちらでご報告。無事、第一希望の病院にマッチすることができました!!わーいvv マッチデーはある意味お祭りなので、4年生はみんなその日は一日お休み。学校のホールに集まって学長から結果発表⇒パーティ!という流れになってたそうです。なっていたそう、というのも私自身はエチオピアにいたので、マッチデーのイベントに一切参加してないんですね~。実際はどんなものだったか、人づてに聞いただけ&Facebook上でクラスメイトのお祭り騒ぎの写真を見ただけなんですよ(笑) 

卒業式は今月の28日です!それまでは最後の必修科目である神経内科ですー(…やる気ゼロ)。卒業後は引っ越し⇒6月16日にオリエンテーションが開始⇒7月1日に研修医プログラム開始!となっております。忙しい☆ ちなみに、オリエンネーションにはACLS/BLSが含まれることが多いです(費用は病院もち&仲間と早く知り合える!)。もちろん、うちの病院の場合もACLS/BLSが含まれてます。

研修医一年目=PGY1=インターンになったら休む暇もなくなるので、いまのうちにだらだら冬眠しようかな、と目論んでます(笑)とはいったものの、引っ越しの準備やら、研修医プログラムに必要な書類&オンライントレーニングの数が多すぎて、それほどゆっくりできる訳でもなさそうですが…。

メール・コメントへの返信具合はツイッターにてご報告します。
お返事遅くてすみません・・・!
  

Twitter

プロフィール

蛍乃煌夜

Author:蛍乃煌夜
高校卒業までは普通に日本の公立の学校に通う。高校の時、1年間アメリカで交換留学をしたことをきっかけに、アメリカの大学を受験し入学。大学を卒業後は3年間アメリカで社会人として生活。その間、アメリカの医学部(メディカルスクール)を受験し無事合格。2010年8月より医学生生活スタート。

 
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

▲よろしければクリックをお願いします▲

メールフォーム

ご質問、ご意見等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

※返信希望者には概ね1ヶ月程でお返事しています。管理人のスケジュールによっては2ヶ月ほどお待たせすることもございます。お急ぎでお返事をご希望の場合はその旨をお書き添えください。

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。